読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車を処分した話。

 

 今日自転車を処分してきた。上京してから使っている自転車は最早半身とも言うべき存在だったので、今日はその半身との別れについて書こうと思う。恐ろしい位中身の無い話になると思う。

自分が自転車を買ったのは大学に入ってすぐの事だ。アパートが大学まで徒歩で30分位掛かる位置にあった(今思うと本当に何であんなところに住んでいたのか理解できない)ので自転車の購入は最優先事項だった。潤沢な予算などある筈がなかったので1万円出せば買えるものにしようと思っていたのだが、何故か量販店やホームセンターではなく個人経営の自転車専門店に足を運んでしまった。個人経営の店はドン・キホーテに置いてあるような安価なものは余り置いていない。国産の自転車ばかり置いているので自然と高価な自転車が置いてある。体感で1万2千円以上のものばかりだったと思う。

上京してすぐの自分は、今思い出すと恥ずかしくなるような『チョロい客』だった。相手が親身になってくれていると感じると多少無茶でも応えてしまうし、断るのも憚られた。最初は1万円程度のものが欲しいといったのだが、店主に言いくるめられて予算は1万円から1万5千円、そして2万円まで膨らんでいった。

店主は「自転車は命を乗せる物」「住んでいた地形はアップダウンが多いので少ない力で動くヤツが良い」「空気入れをいつでも貸し出すので買う必要がない」と言って押しの弱い自分に自転車の何たるかを説いていた。店主の話は心なしか説得力があったので結局2万5千円するブリジストンの自転車を購入したのであった。その後も保険に加入したりでもう少し取られたと思う。何かあったら何時でも来て良いと言ってくれたのが、人とのつながりに飢えていた自分にはクリティカルヒットしていたのも良くなかったと思う。

これまでは中古のママチャリ位しか買い与えられていなかったのでそれなりの値段する自転車はとても乗りやすかった。ライトも勝手に付くし、坂道でもスイスイ進んだ。こんなに素晴らしい自転車が存在するのかと感動したし、毎日の通学が楽しかった。

自分と自転車の付き合いは大学2年の冬まで続いた。何度かパンクして修理に出したりしていたのだが、買う時にはあんなに親切だった店主の対応が気になるようになってきた。空気入れを借りに行く時も歯切れの悪い反応だったり、居留守に近い反応をされたこともある。パンクの修理に行くと乗り方が悪いと怒られた。自転車屋に行くのが億劫になった自分は自転車に乗る機会が増える=自転車がパンクしやすくなると考え、余り乗らないようにしていたと思う。その頃くらいからもっと大学まで近いところに住みたいと思っていたので引っ越しを検討するようになった。そして翌年の3月に晴れて隣駅から少し離れたところに引っ越すことが出来た。自転車屋には行けなくもない距離だったが、大学まで電車通学になったので自転車に乗る機会はかなり減ってしまった。無料の自転車置き場も無いので少し距離があっても買い物は徒歩で済ませた。そういうわけで日常生活の中で自転車の価値というものがかなり減少してしまったので整備もせずにアパートの自転車置き場に放置していてしまっていた。黄砂と雨風で買った時にピカピカだった自転車のフレームはボロボロになっていたし、パンクしても放ったらかしにしていた。3ヶ月乗らないなんてこともザラだったと思う。

今住んでいるアパートにも自転車は持ってきてはいた。パンクしてから全く触っていなかったので盗難にあって放置されていた自転車にしか見えなくなっていたが。家から10数分歩いたところに自転車屋があるのでそのうち修理に出そうと思っていたが、ここでも自転車の価値が余り高くなかったので今日という日まで引き伸ばしていた。

そして、今日自転車屋にパンクの修理に出しに行くと衝撃の事実を伝えられた。後輪のゴムはヒビが入っていて交換が必要で、前輪も必要に応じては交換する必要がある。チェーンが錆びて使い物にならないのでこれも交換する必要があったし、ブレーキーのゴムも痛みきっていた。店員に見積もりを出してもらったところ全部で1万3千円ほど掛かるという。パンクの修理なんだし千円位あれば済むだろうと高をくくっていた自分は急に13倍の値段が掛かると聞いて呆然とした。同じスペックの自転車を買い直すよりは安上がりだったが、それでも直してもらおうとはとても思えなかった。

そして当初パンク修理に掛かると思っていた千円を店員に支払って引き取って頂いた。1万3千円あればどれだけ酒を飲むことが出来るだろうか。答えは最初から出ていたのだ。自転車よさらば。

 

絵の話。

 

 仕事を手にするために説明会に足を運んだり、筆記試験の勉強をしてはいるものの力が入らない。そんなわけで現実逃避も兼ねて絵の話をしようと思う。

 

自分は小学校1年から3年までの二年間、毎週水曜日に絵画教室に通っていた。始めた理由は、幼稚園に入る頃まで祖母が定期的に行っていた絵画交流会に付いていき、そこで老人にチヤホヤされたことで自然と絵を書くのが好きになったからだったと思う。絵画教室は実家の近くのコミュニティセンターの大教室で行われており、主に小学1年から中学2年位の子供達が通っていた。低学年は同じ題材を水彩画で書き、高学年は各自油絵を描いていた。自分は油絵に移る前に辞めてしまったので水彩画について当時の思い出を振り返りながら説明しよう。

教室に着くと、まず先生に挨拶して各自好きなポジションに座って下書きを始める。画用紙は一人一枚しか配布されない(今思うとかなり月謝が安かったので切り詰めるところは切り詰めたかったんだと思う)ので濃く下書きをすると絵の具を使う時に痛い目を見ることになる。鉛筆の痕に絵の具が乗って変な感じになってしまうのだ。それなりの年齢になった今では当たり前のことだったが、悪ガキだった当時の自分はこうしたミスを定期的にして先生に注意されていた。当時も下書きの時点で痕だらけになった時はガン萎えしていたのを覚えている。

そんなこんなで下書きを終えると一度先生からチェックを受ける。とはいえ、お遊びの教室なので子供が親に見せる時に困らない(変なラクガキや不適切な言葉などが書いていない)ようにしていたのだと思う。先生からゴーサインを受けると絵の具を使って色を付けていくのだが、自分はこの作業がとても嫌いだった。

というのも、当時の自分は手先がとにかく不器用であり、せっかく細かく描いた部分も絵の具で塗りつぶしてしまっていた。チマチマ色を塗っていくのが性に合わなくて、持っている中で一番大きな筆ばかり使っていたのも良くなかった。筆の手入れを適当にしていたせいで一番使う筆以外は毛先が固まって、お湯で解しても細かい部分を描くのが難しかった。こうして下書きまでは自信作だったのに完成品は自分でもこれは酷いと感じる作品ばかりを世に残してしまったのだった。

絵を書き終えた後は先生から講評してもらい、家に持ち帰った。上にもあるように自分の絵の出来はかなり酷いものだったのだが、先生や絵をよく見せていた母親は自分の絵を独創的で良いと褒めてくれたのを覚えている。たくさんの絵を見てきた先生は恐らくコメントし辛い絵については「独創的」「芸術的」という言葉でお茶を濁すことにしていたのだろう。背景は絵の具の減り具合を相談しつつ描いていたので、時には紫の禍々しい世界の中央に書き込みがほとんどないリンゴがあるという時もあった。それでも芸術肌だと褒めてくれるので満更でもなかった。母親は先生が褒めているから自分では理解出来なくてもなんか凄いんじゃないかと思いこんでいたのだろう。今思うととても申し訳ないことをしてしまったと思う。

絵画教室では、教室で水彩画をする以外にも活動することがあり、少し遠出して広い公園で写生をしたり、先生の家にある作業部屋で陶芸をしたこともあった。教室に通っていた同級生が仲の悪い堀井(仮)しかいなかったので、長時間拘束されるこうしたイベントには苦手意識があった。だが、陶芸だけは開かれるのが待ち遠しかったのを覚えている。

先生の作業部屋は林の中にポツンと佇んでおり、秘密基地や隠れ家のような風貌をしていた。その中にはDIYで作ったようなテーブルと椅子が配置され、奥には大きな窯があった。陶土を渡されて、各自思い思いの皿を作っていくのだが、この時間がとにかく楽しかった。すること全てが新鮮であり、何となく誇らしい気持ちになっていたと思う。そうして形つくったものを窯に入れて焼きあがるのを待つのだが、その時間も楽しくて食いつくように窯の中を覗き込んでいた。手先が不器用な上に大雑把だったので出来上がった皿も模様が何なのか分からなかったり、歪んだりしていたが、親に見せるのが楽しみでワクワクしながら帰った。出来上がった作品は全て居間の窓際に飾ってもらった。(どちらかと言うとただ置いただけだと思うが)

それなりに楽しみつつ自分の絵のセンスのなさに落胆する日々が2年ほど過ぎたある日、自分の絵画生活に転機が訪れた。

その頃からつるむようになった友人が絵画教室に通っていた水曜日に近所の駄菓子屋で買食いをするようになったのである。誰にも覚えはあると思うが、仲の良い友達が自分のいないところで楽しいことをしていると羨ましさと自分を除け者にした苛立ちで心が支配されてしまう。しかも自分は大して仲も良くない堀井(仮)位しか話相手がいなかった。友達と遊ぶこと以上の優先するべきことが当時は無かったので、すぐに母親に絵画教室を辞めたいことを伝えた。息子が芸術家になるかもしれないと思っていた母親は酷く落胆したが、なんとか辞めることを許してくれたのだった。

結局絵画教室では特に何かを得たわけではなかった。ピアノのように演奏技術を学んだわけでも、野球やサッカーの少年団のように素人では到達出来ない技術を学んだわけでもない。敢えて意味を見出すとしたら何かの作業をして手を動かし続けることに苦を感じなくなった位だろうか。プラモデルを作る時には役立ったが、塗装技術は身についていなかったので水性ホビーカラーを塗りたくったシャアザクが出来上がってしまったのだが。

気が向いたら小学5年から卒業まで通った公文教室の話をしようと思います。

 

電車の話。

 

最近は心を入れ替えて就職活動をしているので週の半分くらいは電車に乗っている。人によっては毎日ビッシリ予定入れていると思うけど個人差はありますので。

電車に乗っている時、時間を持て余している気にならないだろうか。乗り換えが多いと移動中ずっと座っていることも出来ないし、満員電車だと出来ることもかなり限られると思う。今日はそんな電車に乗っている時の暇つぶしについて考えてみようと思う。

 

電車について書くことを決めてからというとの、定期的に車内にいる人が何をしてるのか眺めるようにしていて、

 

スマートフォンを見ている人

新聞や本を読んでいる人

風景を見ている人

人と話している人

音楽を聴いている人

目を瞑って寝てる人

ゲームや動画を見ている人

 

のどれかに分類されることに気づいた。最近だと特にスマートフォンを見て過ごす人が多いんじゃないだろうか。流石に何をしているかまでは見ていないけど大体SNSソーシャルゲームをしていると思う。40代〜の人も普通にソーシャルゲームしてたりするし。

  

 

少しでもデータを集めてみようと思ったのでツイッターのアンケート機能を使ってみた。

結果としてはスマホ>その他って所だろうか。母数が少ないので何とも言えないが体感的にもこんな感じだと思う。

 

最初に移動時間や車内の混み具合で出来ることが変わってくると書いたが、そのことについても触れてみよう。

 

・5分の場合

5分で目的地や乗り換えの駅に着くとしたらその間に寝ようとするのは結構難易度が高い。実際に寝ること自体は出来るとは思うが、寝過ごしてしまったら目も当てられない。得られるリターンに対して負うリスクが大きすぎる。飲み会の帰りは睡魔も襲ってくる上に体調も悪いことだって考えられる。そういう時は多少の辛さを我慢して手摺にしがみついて早く時が経つのを祈るのが良いのかもしれない。

その間は音楽を聴いたりスマートフォンを見るのが無難だろう。乗り過ごしのリスクを考えると窓の外の風景を眺めるのも良さそうだ。

 

・10〜15分の場合

これぐらいの時間があると出来ることはそれなりに多くなるのではないだろうか。

この時間になると本や新聞を読んでもいいかなと思える気がする。個人的には漫画は文字数が余程多くない限りは15分あれば一冊読み終えられるのでこれくらいの時間電車にいるのであれば読んでない漫画一冊持ち込みたいところだ。立ち続けていてもそこまで疲れないし、座ってゆっくりするのにも十分な時間なので通勤・通学するとしたらこの時間にしたい。

 

・30分以上の場合

寝るなら寝る、何かするなら何かするという決断をするとしたらこの時間が目安になりそうだ。行きで眠くなかったら本でも読んで帰りは寝るのが良いと思う。

 

記事を書き始めて一週間くらい経ってるんだけど、放置してる理由がタブレットだったら座ってても立ってても新聞、小説、漫画、動画、SNSも出来ることに気づいたからです。ちょっと良いKindle対応のタブレットとモバイルWifiを買えばなんでもできそうだから所要時間だけ見て後はやりたいことすればいいもんね。

Kindle unlimtedとかモバイルWifiあればいくらでも時間潰せそうだし最近はアマゾンプライムも本気出してるから契約してない人は契約した方が良いですよ。

 

 

 

 

最近の話。

 

 3月も残り10日を切り、いよいよ春の訪れを感じさせるようになった。春は出会いと別れの季節である。進級や進学、入社など環境が大きく変わる時期でもある。環境が変わるということはそれまでいた環境から離れるということであり、少なくない人数の人々と別れることになる。

世間と同じように自分も最近別れを経験した。余り好きではなかった人や時間の経過とともに関係が希薄になった人、そういった人ともう会うことが無いと考えると、あの時にこうするべきだったという反省や後悔の気持ちも生まれてきてしまう。特に自分は堪え性が無く感情を爆発させがちなので一定の距離を保ち続けている友人、知人というものが余りいないと思う。つまり友達が少ないのだ。友達が少ないというのは結構悲しい。今回の場合は周りだけが先に進んでしまうので、新しい出会いが無い分辛さは二倍なのかもしれない。

 

4月に入ると、進学であれば新しい勉強を始めたりサークルに入ったりするだろうし、入社であればビジネスマナーを覚えたり研修を受けたりするのだろう。新しい環境に進むと、今までの価値観や常識が通用しなくなる。すんなり馴染める人もいれば、諦めて妥協する人だっている。どちらのタイプにせよ変化が待っているだけ羨ましい。何となくまた同じことをするのか位の気持ちで就職活動をしていると、焦りばかりが先行してしまい、何かに向かって進もうというような情熱がまるで無い気がする。

 

現状を嘆くだけでは成長することもないので、今回は新しいことを始めて今までと違う風を起こすことを考えてみようと思う。

無職の先輩からは

①なるべく家に閉じこもらずに外に出ること

②周囲に劣等感を持ちすぎないこと

③とりあえず何かやってみること

の3点を大事にしなさいと言われたのでこの3点は大事にしていきたい。

 

①については、家でダラダラする時間を余り作らずにメリハリをつけたい。家でのんびりしていた勉強や業界研究、ES作成などの就活関係の作業もカフェや図書館でするようにしようと思う。家でしていた筋トレも近所の格安ジムに通ってしていくつもりだ。以前通っていた時はモチベーションの管理が上手くできず、行ったり行かなかったりだったのでシューズロッカーを活用して持ち物を減らしたり、食生活も意識してより目標の体型を目指して頑張ろうと思う。

②については、すぐに改善するのは無理だと思うし、内定を貰ってささっと社会人になることが一番の近道だと思う。頭には入れようとは思うけども。

 

以前作った新しく始めたい(経験したい)リストには、

 

・登山(一回高尾山行ったけどあんまり楽しめなかった)

・競馬

・パチンコ

・観劇、美術館

・一人旅

同人活動

・Youtuber

・ニコ生

・写真

・自転車

・株、FX

 

とあった。正直習慣化すると破滅の待っているものも多いのでチャンスを伺って無職活動をしていきたいと思う。競馬場でワンカップ酒片手にボヤいてるオッサンの真似とかは近い内にするつもりです。

 

 

 

本の話。

二週間近く記事を書いていなかった。説明会行くか寝てるかの生活で思いの外書くことが無かったと自分に言い訳だけしておく。自己満足で始めたのに更新を怠るだけで罪悪感が生まれる位には生活の一部になったらしい。後、風邪が中々治らない。結構しんどい。

 

最近は以前に比べて小説をよく読むようになった。この生活をしているとどうもお金の掛かる趣味が始めにくい。その点、小説であれば図書館や人から借りることが出来るし、中古で格安で買うことも出来る。俗に言うコスパが良い趣味、という奴だ。

 

週に何度も採用説明会に行く関係で電車に乗る時間が結構増えた。移動中にずっとスマートフォンとにらめっこするのも時間が勿体無いんじゃないかと思うようになった。ずっと続けているソーシャルゲームもそこまで時間を取ったりしないのでだったら読書でもするか、という気になった。Amazon Musicでその時の気分に合う音楽を探して読むのが楽しい。外出時のちょっとした時間にコーヒーショップでパラパラ読み進めると少しばかり生産性のあることをした気になれる。

今までは読書といえば、専攻に関係することや自己啓発、就職に関係するものばかりだったので単純に娯楽として読むのが少し新鮮で面白い。今までは何となく敬遠していた有名小説も読んでみようと思う。

映画を見るようになった時にも感じたけど、アニメ、ゲームと接してきた時間が長すぎるので気づかない内に取り零していた面白い物が沢山世の中にあると思う。興味のアンテナも一方向にしか伸びてなかったし、名前は聞いたことがあるけど内容は知らない物が多いんじゃないか。それだったら今から追える範囲で面白いものを見つけよう。旬の過ぎた物だって今から楽しむには遅すぎるってことは無いと思う。考えが凝り固まって新しいことに手を出せなくなるよりは多少ミーハーな位が楽しめるはずだ。

何かオススメの本とかがあれば教えてください。基本的に何でも読みます。

読書と同時期に滑舌トレーニングも始めたけどその話はまた今度で。

3/5

今日は珍しく多忙を極めた一日だった。多忙と言ったものの一日のスタートは昼からだった。参加するつもりだった採用説明会が10時からスタートするのに目が覚めた時には12時を回ろうとしていた。入退場自由ということもあって行かないで二度寝をしてしまおうかという気持ちもあったが、行かないで後悔した時の事を考えると起きるしか無かった。適当にシャワーを浴びて覚醒した後はそそくさとスーツに着替えた。クリーニングに出していたスーツを着ると妙にやる気が漲ってきたので思っていたよりも早く家から出ることが出来た。家から会場までは電車を乗り継いで40分ほど掛かるので森見登美彦夜は短し歩けよ乙女を読んで時間を潰した。移動中にボーッとスマートフォンを弄るのを止めたいと思っていたので気楽に読める小説はとても良いものだ。

会場の最寄り駅に着くとスーツを着た就活生で溢れかえっていた。既に二時前だったので彼らの多くは帰る途中だったのだろう。駅に着くまではやる気に満ちていたのに、帰っている就活生を見ていると急に焦燥感に駆られてしまった。その上、会場に着いただけで達成感のようなものが湧き上がってきたのでパンフレットだけ貰って帰っても良いんじゃないかと一瞬考えた。

参加証を見せて会場に入ると合同説明会のようにブースごとに分かれていることに気づいた。特に見たいものが有ったわけではないので、とりあえず最初に休憩所で貰ったパンフレットの整理をして、適当に説明会に参加することにした。

来た時間が遅かったのもあって結局一つしか説明を受けることが出来なかったが、その一つが自分の中でしっくり来たので結果オーライだったと思う。来た以上は回れなかった所もパンフレットだけは貰おうと思い、人がいなくなったブースを歩き回った。

目ぼしいものが手に入ったので会場を後にし、遅めの昼ごはんを食べた。今日は5のつく日だったのでゴーゴーカレーにした。トッピング無料券があれば普通のカレーだけ頼んで無料券でロースカツを頼むことが出来るので普通に食べるよりも安く済む。そして、5のつく日に行くと無料券が一枚貰えるので、5のつく日にだけ行けば無限に安く食べることが出来る。

朝から何も食べてなかったので胃に負担を掛けすぎないために多めにキャベツを貰い、そこから食べ進めた。食べ終わった後は胃もたれのようなものを感じたので近くにあったドトールで休憩しつつ本の続きを読むことにした。大学生風のアベックや女子大生が沢山いる中でリクルートスーツで座っていると精神が削られる気がした。居心地は余り良くなかったがストーリーがとにかく面白かったので何だかんだで二時間位はいたと思う。二章を読み終えた辺りで集中力が切れたので帰ることにした。コーヒーショップで小説を読んだのが中高生の時にライトノベルを買った帰りに待ちきれなくて立ち寄った時以来かもしれない。

最寄り駅に着いてから、近くのスポーツジムに見学に行った。引っ越す前に通っていたクラブは料金は安かったが器具が揃っていなかったり、利用者のマナーが悪かったりで不満点も多かったので評判の良いクラブにしようと考えていた。今日から利用したいくらい整備されていたけど、色々と準備するものがあるので泣く泣く見学だけして帰ることにした。今回は色々なプログラムに参加してみたいと思う。

帰ってからも本を読み進め、結局一日で読み終えてしまった。近いうちに映画化されるらしいけども、正直映像化しても見ないんだろうなと思う。普段全く小説を読まないからこういう感想が普通なのか分からないが、読んだ時に膨らませた登場人物のイメージや情景を崩したくないなと思った。黒髪の乙女や先輩の性格は自分が思っているのと映像化に当たって声優が声を吹き込むのでは多分違うものなんだろう。

近くに図書館があることだし読書の習慣も少しずつ付けていこうと思う。

3/3

今年度の就職活動が遂に解禁された。

今年で何とか就職しないといけないので慣れないながらもマイナビリクナビを使って説明会の予約などをしている。今日もそんな感じでずっとパソコンの前に向かってはため息をついて飽きたら布団に潜りこむのを繰り返していた。どんなに腐っていてもお腹はちゃんと空くので三食しっかり食べてるし家に篭っているけど運動不足にならないように軽く運動はするようにしてる。

今月は何だかんだで説明会も結構入っててアルバイトをガッツリする余裕が無いことに気づいてしまった。たまにやっているイベント関係の派遣アルバイトの頻度を増やす方が良いのかもしれない。

先日アルバイトを申し込んだ本屋から電話が来たが

長く働ける人が欲しいので最大一年しか働けない自分は基本的に取る気がない。

(自分が)本に関係するアルバイトをずっとしていたから知識があるので他に誰も来なければ取っても良い。

(本屋からは)多分連絡しないから他のアルバイトを探してほしい。

といったようなことを言われた。本当にこんな感じの口調だったから電話で聞かされた時に一気に不快になった。いくら何でも人を舐めすぎなんじゃないか。

家庭教師のアルバイトに登録したものの特に音沙汰が無いのでいよいよ生活費を稼ぐのも難しくなってしまった。

マイナビバイトとマイナビ2018、マイナビエージェントを同時に見ていると自分が一体何なのか分からなくなってきた。

就職活動を終えるのと貯金が底を尽きるのがどっちが先か、命を掛けた戦いが始まってしまう。

消費癖が抜けない上に今月は好きな漫画でお金が取んでいきそうだし一体どうなってしまうんだろう。何かが崩れれば一気に今の生活が維持できなくなる…気がする。