読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/5

今日は珍しく多忙を極めた一日だった。多忙と言ったものの一日のスタートは昼からだった。参加するつもりだった採用説明会が10時からスタートするのに目が覚めた時には12時を回ろうとしていた。入退場自由ということもあって行かないで二度寝をしてしまおうかという気持ちもあったが、行かないで後悔した時の事を考えると起きるしか無かった。適当にシャワーを浴びて覚醒した後はそそくさとスーツに着替えた。クリーニングに出していたスーツを着ると妙にやる気が漲ってきたので思っていたよりも早く家から出ることが出来た。家から会場までは電車を乗り継いで40分ほど掛かるので森見登美彦夜は短し歩けよ乙女を読んで時間を潰した。移動中にボーッとスマートフォンを弄るのを止めたいと思っていたので気楽に読める小説はとても良いものだ。

会場の最寄り駅に着くとスーツを着た就活生で溢れかえっていた。既に二時前だったので彼らの多くは帰る途中だったのだろう。駅に着くまではやる気に満ちていたのに、帰っている就活生を見ていると急に焦燥感に駆られてしまった。その上、会場に着いただけで達成感のようなものが湧き上がってきたのでパンフレットだけ貰って帰っても良いんじゃないかと一瞬考えた。

参加証を見せて会場に入ると合同説明会のようにブースごとに分かれていることに気づいた。特に見たいものが有ったわけではないので、とりあえず最初に休憩所で貰ったパンフレットの整理をして、適当に説明会に参加することにした。

来た時間が遅かったのもあって結局一つしか説明を受けることが出来なかったが、その一つが自分の中でしっくり来たので結果オーライだったと思う。来た以上は回れなかった所もパンフレットだけは貰おうと思い、人がいなくなったブースを歩き回った。

目ぼしいものが手に入ったので会場を後にし、遅めの昼ごはんを食べた。今日は5のつく日だったのでゴーゴーカレーにした。トッピング無料券があれば普通のカレーだけ頼んで無料券でロースカツを頼むことが出来るので普通に食べるよりも安く済む。そして、5のつく日に行くと無料券が一枚貰えるので、5のつく日にだけ行けば無限に安く食べることが出来る。

朝から何も食べてなかったので胃に負担を掛けすぎないために多めにキャベツを貰い、そこから食べ進めた。食べ終わった後は胃もたれのようなものを感じたので近くにあったドトールで休憩しつつ本の続きを読むことにした。大学生風のアベックや女子大生が沢山いる中でリクルートスーツで座っていると精神が削られる気がした。居心地は余り良くなかったがストーリーがとにかく面白かったので何だかんだで二時間位はいたと思う。二章を読み終えた辺りで集中力が切れたので帰ることにした。コーヒーショップで小説を読んだのが中高生の時にライトノベルを買った帰りに待ちきれなくて立ち寄った時以来かもしれない。

最寄り駅に着いてから、近くのスポーツジムに見学に行った。引っ越す前に通っていたクラブは料金は安かったが器具が揃っていなかったり、利用者のマナーが悪かったりで不満点も多かったので評判の良いクラブにしようと考えていた。今日から利用したいくらい整備されていたけど、色々と準備するものがあるので泣く泣く見学だけして帰ることにした。今回は色々なプログラムに参加してみたいと思う。

帰ってからも本を読み進め、結局一日で読み終えてしまった。近いうちに映画化されるらしいけども、正直映像化しても見ないんだろうなと思う。普段全く小説を読まないからこういう感想が普通なのか分からないが、読んだ時に膨らませた登場人物のイメージや情景を崩したくないなと思った。黒髪の乙女や先輩の性格は自分が思っているのと映像化に当たって声優が声を吹き込むのでは多分違うものなんだろう。

近くに図書館があることだし読書の習慣も少しずつ付けていこうと思う。